• shiori

オ前ガ見テワカラナイ

10/26(火)


みなみと一日交代でここで書いている文章が、果たして日記と言えるものなのか。

人に読まれることを想定すると、説明的な文章が多くなってしまって、つまらない。自分だけが読む日記なら、こうは書かないけれど…しかたがない。しかたはあるはずなんだけれども、そのことをよく考える以前に、日記を書くことを習慣化することに重きを置いていた。でも、日記というよりはブログのようになってきている感じに嫌気がさし、日記を書きたいという思いが沸点に達した。


冨五郎さんは遺書の冒頭で「之ノ手紙文ダケヨク見テクレ 後ノ日記ハオ前ガ見テワカラナイ 僕ダケノキオクニ書タノダ」と書いている。

「お前が見てもわからない」それこそが日記なんじゃないか。他人が読んでわかる親切な文章は、日記じゃない気がする。明日からスタイルを変えてみよう。と、昨夜思い立った。

(みなみの日記を今朝読んで、何も話さなくても伝わっている、と思った)


今日は、首相の一日、のスタイルで書く。


【午前】

7時50分、みなみの「忘れてしまう日記」閲覧。8時、テレワーク勤務開始。11時、オンライン定例ミーティング。12時15分、休憩。


【午後】

13時、テレワーク再開。15時45分、テレワーク終了。16時33分、今日のクリームの様子を写真で確認。16時49分、スーダンのハルツーム在住の友人に安否確認の連絡。16時54分、無事を確認。電話、ネット、道路、店舗はほぼ封鎖。自宅待機中にモバイルWi-Fi経由でメッセージ受信。17時5分、日記屋月日から本の定期便受け取り。読書。17時40分、炊飯。18時10分、youtubeでヨガとストレッチ。18時50分、夕食。19時47分、メール返信。休憩。20時10分、メルカリでヘチマスポンジと種を購入。20時半、韓国語の勉強。休憩。読書。休憩。23時1分、メール返信。






0件のコメント

最新記事

すべて表示