• shiori

ルビふり大会

最終更新: 2月23日

昨日はおつかれさま!

みなみ店長のタイムトラベル専門書店utouto企画、タイムトラベラー養成講座第一回に、

タイムトラベラーになりたい講師としてお招きいただきありがとう。

ボタンひとつで配信が始まって、「はい!お待たせしました〜!」って瞬時に秒で切り替えできるみなみを見ながら、もう始まってる・・・と、わたしは頭で理解しつつも、心のスイッチをなかなか切り替えられず、最後まで行ってしまったような・・・。


普段と変わらず、拙いわたしのことばにみなみがどんどんルビを振ってくれて、その快感を配信中にも味わえたという意味では、成功?(講師は失格だけど)

あれもこれも、こういうことが言いたかったのと終わった後に気づいた反省点をみなみに伝えた後、夕寝してた。

起きたら「また本の注文が入ったよ!」とメッセージがきてて、あわてて封を閉じた特典の貝殻を開封して、詰め直した。


出席票には「歴史実践に〈タイムトラベル〉とルビを振りたい」とトークの中でみなみが言っていたことばをメモした。

みなみと話していると、混線しがちな頭がみるみると整理されていく。

偶然の、細〜いつながりを見つけては、何かといちいち結びつけがちなわたしの癖を

「タイムトラベルに欠かせない「伏線づくり」」と表現できるなんて。


早速本を読んでもらって、感想を伝えてもらった幸福感は、なんと表現したらいいのだろう。

そこに線を引いたんだ!わたしもそこに感動した!と答え合わせをするように、お互いの心が動いた部分を知る面白さ。みなみが本を読んだ後に見た夢の話も面白かったね〜。

待ち合わせの目印にしかすぎなかった銅像や彫刻、わたしも最近は視界に入ると必ず近寄って、プレートに書いてある名前を確認するようになった。

〈平和〉って書かれていると、ふふふって笑っちゃうよね。


しかし、生配信は、心臓に悪いね。

わたしは夏のマーシャル・エイド配信トーク依頼で、久々にあの緊張感を味わった。

毎日生放送を仕事にしている人たち、本当にすごいなぁ。

配信後、みなみのポイントノートを見て、できる講師に変身したわたしがそこにはいた。みなみの深いやさしさを感じながら、ライブの自分を忘れるなよと心を鬼にした。


紅白の梅、かわいいね〜。

よく桜と間違えちゃう梅もあるけれど、これは古風な感じ。

まじまじと眺めて、花見をさせてもらいました。ありがとう。


こちらのヒヤシンスも、ぐんぐんと花を咲かせているよ。

ここ数日、部屋の中より外の方があたたかくて、今日は太陽に向かってすべてのエネルギーを放ってしまいそうだったから、あわてて午後から部屋の中に入れた。


でもね、実はこれ今年2番目のヒヤシンス。

我が家に春の香りを一番に運んでくれたのは、紫のヒヤシンスだった。

一年に二度も楽しんだのは、今年がはじめて。

去年楽しめなかった春を、今年は先取りかつ倍速で今のところ楽しんでいる。


そういえば旧正月の朝、目覚めたらね、顔の皮がざらついていて、ついに花粉症になってしまった・・・。

と思った。目も数日腫れて、いちばん好きな季節は春ですなんて、もう言えなくなるのかと思うと憂鬱になった。

ストレスが原因?という説も聞いて、とりあえず2021年の目標のひとつである早寝早起きを実践してみることにした。

そしたら、なんかもう治ったみたい。

まだ一日しか早起きは成功してないけど(笑)


0件のコメント

最新記事

すべて表示