• shiori

日記さえあればなんとかなる

11/21(日)


11時 新木場駅

千吉カレーうどん全粒粉麺 750円

夢の島公園 東京五輪会場跡地

13時 第五福竜丸展示館

坂田雅子監督作品『故郷を追われて-核被害と温暖化のはざまを生きるマーシャルの人びと』

ルニットドーム 銅線 500ドル

エニウェトク環礁唯一のスモールストア

経営者は中国人 

銅線からプルトニウム検出

「核実験と気候変動は大国によってもたらされた点で類似」トニーデブルムさん

坂田監督の中で核実験と気候変動がつながる


集合的悲嘆


具志忠太郎牧師の人生

18歳で沖縄からマーシャルへ

「太平洋戦争で人間の野獣性を見た」

前田哲男著『非核太平洋 被爆太平洋―新編 棄民の群島』(筑摩書房、1991)p209


MIRの前で道を聞かれた記憶

青いシャツ着てました

8年ぶりの再会

国際協力という名の先進国のための開発と援助

「懺悔の気持ちで学び直し」


「日記さえあればなんとかなる」

アサヒグラフ記者に言われて以来、島田さん毎日日記を書く

Campasノート手帳サイズ 

2021⑥


フィリピン 水上生活のバジャオ族取材


石井妙子著『魂を撮ろう ユージン・スミスとアイリーンの水俣』読む

0件のコメント

最新記事

すべて表示