• shiori

朝のリレー

8月15日(日)雨。

東京ステーションギャラリーで開催中の「木彫り熊の申し子 藤戸竹喜 アイヌであればこそ」展へ。関東大震災と東京大空襲を免れた煉瓦壁に囲まれた空間で、北海道の大地で育った大木からうまれた手彫り熊と対面する。

想像以上に、素晴らしい展示だった。どの作品も温もりと豊かな記憶と歴史を纏っていた。

藤戸さんは木と対話しながら、スケッチやデッサンを描かず、頭のなかで思い描いたイメージに向かって彫り進める。編み図がないマーシャルのアミモノのよう。

熊、狼、鹿、狐。一頭一頭、対面するごとに体温が上がっていくような。眺めているだけで、温もりと忘れていた感情が呼び覚まされていく。

木は生きているから、経年劣化やヒビ割れで、元々はつないでいた手が切り離されてしまっている作品もあった。それもまたよし。

今にも動き出しそうな、ココナッツの匂いがしそうなヤシガニもいた。

「狼と少年の物語」の展示は、物語とともに彫刻を見るという初めての体験をした。素晴らしかった。ひとりでも多くの人に勧めたい。

15時半。TBS『戦後76年「つなぐ、つながる」SP へいわとせんそう〜戦場からのメッセージ〜』を見る。

佐藤冨五郎日記が戦場での餓死を伝え、次世代につなぐものとして紹介される。

スタジオにいるりゅうちぇるさんが「今、ちゃんと勉さん読んでるよって言ってあげたい」と冨五郎さんへの想いを口にされた場面が胸に迫る。

番組エンディングでも、冨五郎さんの日記が再び紹介された。勉さんの「伝えるほかないんだよね 次世代に」ということばから番組内で軸となっていた谷川俊太郎さんの詩「へいわとせんそう」へとつづく。そのシームレスな構成は、谷川さんの詩「朝のリレー」も想起させた。


1940年以前生まれの戦争体験者は、9.2パーセントになったという事実をどう受け止めるか。

テレビの取材で「コロナや戦争で、人が死なない世界になってほしい」と小学校低学年くらいの子どもが答えていた。


タリバンがアフガニスタンを一気に制圧。マスードが生きていたら、どうしていただろうか。


午後、緊急入院した岡田さんに番組の動画を送る。退院日はまだ未定。

0件のコメント

最新記事

すべて表示