• shiori

謙虚な光るうんこ

9時半出勤、17時半退勤。

今日はよく歩いた。とくに銀座駅の丸の内線への乗り換えが途方もなく遠く感じた。

すれ違う人も多い。うまく避けれなくて、何度かぶつかってしまう。

あと何百mの表示に数字が入り、無事に改札を見つけて、ホッ。

ホームへ降りるエスカレーター前に、杖をついた高齢の男性がいた。

私は横の階段を降りながら、ふと気になって顔をあげた。

前の壁が反射鏡になって、後ろでエスカレーターに乗ろうとしている姿がぼんやりと映って見えた。まだ乗れていないようだ。男性はどんどん小さくなる。

危ないかもしれない、とやっとそこで私は思った。

戻った方がいいかなと思ったその時、男性は足を踏み出したのか、体勢を崩した。

私の足も止まる。

とっさに後ろにいた人が、男性を後ろから支え、難を逃れた。

ああ、よかった。と思ったのは一瞬。

うしろから見守るとか、一緒に降りましょうと声をかけるなど、私にできることはあったのに。

無事に用事を済ませ、帰りにまた丸の内線の銀座駅で乗り換えた。男性はもういない。杖を持って歩いている人が、行きより多くいるように見える。



先月iphoneを機種変更したら「一年前の今日」とかモーメント表示で過去の写真を教えてくれる頻度が上がった。

今日はこのメモが目に入り、あの夜からもうすぐ一年なんだ、と不思議な気持ちになる。

2020年6月4日、映画「ホドロフスキーのサイコマジック」公開記念でアレハンドロ・ホドロフスキー監督がパリからzoomでリモート出演した。

4時間の配信後、みなみが「メモが追いつかなかった…」と言っていて、互いのメモの一部を送り、笑いあった。


妻はわたし以上にわたし

ことばは真実ではなく地図だ

真実にたどり着くには、身体を動かして行動すること


植物を植えよう

太陽系まで想いを馳せよう

主従関係のない関係性を築こう


世界は 人生は 恐ろしくない

世界はすばらしい

それを伝えるのがアート


ホドロフスキー監督、91歳のことば。

0件のコメント

最新記事

すべて表示