• shiori

急展開

更新日:6月13日

気持ちのいい天気。昨日は反省することがたくさんあった。今日は前進の日にしたい。


午前、字幕ガイドの講座を受講。同期に恵まれ、刺激的なクラス。

授業後の質問タイムで途中退出して、約束の14時に西荻へ。

写真家の後藤悠樹さんと、みずき書林岡田さんと、しばし改札の外で立ち話。不安げな様子のふたりに、昨夜もオンラインで会った。

水曜日の夜、今野書店でのフェアで検討している作品の仮設営をした。いいフェアになりそうと興奮して帰宅した。ところが、冷静になって考えると、安全面の不安が拭えない。展示内容を見直す方向に話が急展開した。フェア担当の花本武さんに、昨夜話し合った内容の報告と相談をする。代替案を持ちあわせずに集合してしまったけれど、話しているうちにアイデアは湧き出てくる。

持ってきたメジャーで、フェア棚のベニヤ板、棚、平台の寸法を計る。コンセントの位置と配線を確認した後、小さな児童公園へ。

蚊に刺されながら、後藤さん、岡田さんと再び作戦会議。

「時間がない!」と後藤さんがスケジュールを組んでくれて「じゃあ来週までに大川さん、文章10通り考えて」とミッションを与えてくれる。10ないと1は選べないでしょ。


凝った首を回しながら、電車に揺られて帰路につく。

帰宅後、1週間遅延した編集動画をみなみに送る。


炊飯中、早く引き取りに来てくださいと電話があったクリーニング屋へ、GW前に出したコートとマフラーを迎えに行く。

マフラーはすぐに出てきた。コート探しに時間がかかる。

「あずき色です」と、ヒントになるかわからないことを言ってみたけれど、ビニールカーテンの奥まで、声がちゃんと届いているのかわからない。

トントンと長い棒で肩を叩かれるのを待っているコートやスーツの行列を前に、ふとまだ引き取っていない学位記を思い出す。


帰宅後、親子丼とほうれん草のお味噌汁を作って食べる。

鎌倉の長谷寺から夜の紫陽花を中継している。明月院に行きたい。

今年は例年より2週間くらい紫陽花の見頃が早く、今が一番綺麗らしい。

デザートに、今年初のすいかを食べる。

「編集見てるよ!明日夜ミーティングする?」とみなみから連絡が入る。

懸案のシーンも、イメージ共有ができた。

顔も、名前も、知らない人が書いたことばと、どんな出会い方ができたらよいだろう。

早く完成させて、新しい出会いの扉を開きたい。


0件のコメント

最新記事

すべて表示