• shiori

木枯し

12/17(金)雨のち嵐


0時過ぎの帰宅がつづいた今週も終わり。

9時、出勤。12時半、まるしょうで「海鮮雪塩あんかけ焼きそば」を注文。ぐつぐつと煮たつ鉄板の上で、熱々の餡と焦げ目がついた麺を混ぜ合わせる。急いで食べたら舌先がほんのり火傷した。本郷三丁目はランチ天国。


退勤後、冒険クロストークの打ち上げ(の打ち上げ?)。

集合時間まで、昨日サントリーホールで買った寺尾紗穂さんの新著「天使日記」を本郷三丁目のドトールで読む。紗穂さんは、ドトールで原稿を書く。(最近もそうかはわからないけれど)左隣の女性二人組の会話がどんどんヒートアップしていく。火種は、嫁姑関係。右隣の女性が何度も彼女たちに視線を送り、ふーっとため息をつく。彼女はせっかくの読書タイムが台無しにされてしまったと怒っているようだった。丸の内線に乗り、車内で続きを読んでいたら乗り換えの駅で降りれず、ひと駅戻る。


初めてのすっぽん。生き血で乾杯。飲みやすくてびっくり。このお店「久松」で仕入れているすっぽんは、由布院の温泉に毎日入っているときく。温泉の効用か、どの部位も歯応えがあってとても美味しい。同じ亀でも、マーシャルで食べた海亀と全然違う。ぞうすいも塩とすっぽんだけの澄んだ出汁で、お腹いっぱいだったけどお代わりした。


外はみぞれ。強い風で植木鉢や自転車がバタバタと倒れている。智秋さんがずっと行ってみたかったという東中野の「キャラヴァンサライ包」へ。最後に来たのは2年前の今頃。同僚の誕生日を祝う手作り紙芝居を読んだ席で、今日は乳酒とチャイで乾杯。2018年に智秋さんが訪れたシリアの話に耳を傾ける。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

社交的

宿題

809