• minami

冬至


たっぷり寝た。

午前中、書店向けのノベルティを3種類注文する。

どうしてもやりたくて、発売日翌日からならいいよと言ってもらったのでさっそく取り掛かる。


100じゃ足りないかな?200あればどうかな?でも値段変わらないから300にしちゃおう!

と、ホクホクしながら発注する。

さっそく書店が集まるトークルームに「特典ありますっ!」と投稿するも、夜まで特に反応なし。他のところでも、感触なし。

いやいやそんなにすぐ連絡いただけるわけないよね、と思いつつ。しこたま注文した特典の行き先がありますように。


自分用にトートバッグ、メモ帳、グラス、パーカーも注文する。

大丈夫か?ひとりでわくわくしすぎか?


作業してたら昼食を作るのを忘れていることに気づき、25分で急いでうどんを作る。

食べてもらって、私はリモート取材を受ける。

冗談で「これはパンダの陰謀論なんですけど……」と言ったら多分本当に引かれた。


MPをかなり使う原稿をひとつまとめる。

ふう……


夕方、郵便物を出しに行くついでに久々に一人で散歩した。紫色の空の下、ファミマにつながれた芝犬がおとなしくしている。

いつも通る道の建物がごっそり、建て替えのために破壊されていた。

でもなんの建物だったのかは思い出せない。見えてないものが多い。


岡田さんが書いてくれたブログが嬉しすぎる。

生きづらそう、と言われてなにか安心するのは何故だろう。

心を使って書かれたことがわかる言葉。思考の跡が見える選択=2日目、塩。

私もさぼらず常にそうでありたい。


夜、Twitterのスペース機能でおしゃべり。

堀さんが本の良かったところを朗読してくれて恥ずかしい。

過去に遡って執筆中の私が救われる言葉をいただけた日。



0件のコメント

最新記事

すべて表示

社交的

宿題

809