• minami

無敵

1/17(月)

恋の夢を見て気分がよかった。

架空の学校、架空の自分、架空のクラスメイト。

現実の家の呼び鈴の音で目覚める。


朝ごはん、さつまいもパン。ちょっと焦がす。

義母が庭の陽だまりにキャンプチェアーを出して編み物をしている。

奈良に行くからと、締め切りを伸ばしてもらった原稿を書く。

ラジオを聴きながらオンライン注文の梱包。ほんと不器用。なんで3件包むのに30分かかってしまうのか。でもこういうなんでもない時間を味わうのが、大げさに言って人生の醍醐味かもと思う。まだ「早くしなきゃ」が勝っちゃう。


VRについてのリモートミーティング。企業向けの大規模案件の営業の人だから、時間を使ってもらって申し訳ないと思ってしまう。そんなこと思わなくても、なんてことないコミュニケーションを楽しんだっていいのにね。


5つの幼稚園に電話。第6波でまた方針が変わった。むっず。むっっず。電話中も叫ぶ子ども。「ちずの!やじるしのやつして!やじるしがいい!」と要求され、グーグルマップのことかなとか、いろいろ提案するもすべてはずれ。なんだったんだろう。


散歩がてら、梱包した本をポストに入れに行く。川のそばの枯れ草の上にスーパーマリオのスターが落ちていた。鮮やかな黄色で目を引く。拾えばよかった。無敵になれたかも。


落ち込んでいる友人を励ます。逃げちゃダメだって思うらしい。逃げていいよ。


銭湯の鏡広告のデザインを考えて提出する。なんでこんなことしてるのかわからないが、楽しい。レトロで怪しい雰囲気にしたい。


阪神・淡路大震災から27年。

6歳のみなみは、奈良にいた。母がタンスとテレビをおさえた。

11歳で神戸に引っ越し。同級生はみんな被災の経験があった。

まだ言語化できないけれど、子ども時代の自分にとって確実に最も印象的な出来事で、なにかしらの影響を受けている。


子どもがおじいちゃんの名前を口にするのを聞いてぎゅっとなる。もう遊べないとはまだ言ってない。











0件のコメント

最新記事

すべて表示

社交的

宿題

809