• shiori

12/9(木) 晴


先週に続きテレワーク後、明学の日本文化論の授業にオンラインで参加。

今日は佐藤冨五郎日記(本島帰島から絶筆まで)を遺書とあわせて細かく読解し、4人ずつのグループに分かれて読み合わせ。

田中先生と重ならないように、私も4つのブレイクアウトルームを順にまわる。


3/4は冨五郎さんの誕生日。

翌3/5、冨五郎さんは弱音を多く書いている。

人生もこれまで。今までよく頑張った。日記もしばらく休む。遺書も単文にして別に書く。


誕生日までは頑張ろうと思ってたけど、誕生日を過ぎて心が折れちゃったんじゃないか。

遺書は単文にとあるけど、ほんとはもっと書きたかったんじゃないか。


自室、教室、青空の下にいる20歳の学生たちが、冨五郎さんの心情にあれこれと手を伸ばす。


ひとつ気になった箇所があって。

どうして3/10は晴。としか書かなかったんだろう?ほかに書きたいことがあったけど、書けなかったのかな?

という問いに、私もあらためて考えてみる。


翌3/11の日記を読むと、「今少々気分モや良イ方ナリ」と書いている。この一文から推測するに、晴しか書けないくらい気分が落ちていたのかも?

とはいえ、私だったら晴の一文字すら書けないな。

日記も一日休んだら、再開のタイミングは訪れない可能性が高い。

冨五郎さんは休むと書いた三日後には日記を再開している。


明後日に迫る研究会の資料がようやく形になってきた。

原田さん探しの年表を細かく作ってみて気づいたこと。

期待や可能性が絶望に変わり、気分が落ち込んだ一か月後くらいに、別の方角から突然光が差す。感情グラフを作ると第六波くらいの波を乗り越えて、最後は予想を超える景色が待っていた。

寄り道に思えたことも、すべて布石。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

TT

数えたい