©2018  shunminsha. All Rights Reserved.

📙”姉妹”書籍持参で鑑賞料割引✨

映画『タリナイ』の"姉妹編"ともいえる関連書籍『マーシャル、父の戦場』という本があります。これは本作の監督である大川史織が編者を務めた書籍です。

以下、大川が本と映画の"姉妹"に寄せる思いです。

映画『タリナイ』と私が編者をつとめた本『マーシャル、父の戦場』の関係を「姉妹」と表現したのは、本の編集を担当してくださった、みずき書林の岡田林太郎さんです。

両方の"産みの親"としては双子のような気持ちで育てましたが、"出産"時期が少しずれたので、姉妹という呼び名がしっくりきます。

「マーシャル諸島の映画を作りたい。映画からこぼれ落ちてしまうものは、本という形で表現したい。」 そう願っていたことが、ようやく現実になりました。

姉(映画)と妹(本)。

姉妹の成長を見守りながら、私自身も成長していきたいと思っています。

こちらの書籍『マーシャル、父の戦場』を映画館でのチケット購入時にお持ちいただくと、通常一般鑑賞料金1,800円のところ、1,500円でご鑑賞いただけます!

(*劇場窓口でチケットをご購入いただく場合のみ適用となります。

 *学生料金や各種サービス料金は割引特典はございません。)


書籍をお持ちの方はぜひご持参ください。


▼書籍販売ページ:https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784909710048


なお、劇場でも本書籍を特別価格(通常販売価格の約300円OFF❗️)でお買い求めいただけます。佐藤冨五郎さんの日記全文や、映画『タリナイ』の製作秘話なども載っているので、ぜひ鑑賞後にご覧いただければ幸いです🌸


126回の閲覧