Book

《映画『タリナイ』関連書籍》

『マーシャル、父の戦場――ある日本兵の日記をめぐる歴史実践』

(みずき書林、2018年)

『なぜ戦争をえがくのか――戦争を知らない表現者たちの歴史実践』

(みずき書林、2021年)

なぜ戦争をえがくのか書影.jpg

『REKIHAKU 特集・日記がひらく歴史のトビラ』

(国立歴史民俗博物館、2021年)

​【特集対談】 日記に寄り添うということ マーシャル諸島と戦争の記憶

大川史織(映画監督)× 三上喜孝(国立歴史民俗博物館教授)

 

『シリーズ戦争と社会5 変容する記憶と追悼』(岩波書店、2022年)

​コラム 戦争の記憶を共有すること 

『無数のひとりが紡ぐ歴史 日記文化から近現代日本を照射する』

(文学通信、2022年)

IV 無数のひとりに出会う 

12章 映画『タリナイ』上映から一年(講演記録) 

『戦争社会学研究6 ミリタリー・カルチャーの可能性』(みずき書林、2022年)

〈特集2 戦争体験継承の媒介者たち――ポスト体験時代の継承を考える〉

「届けてくれてありがとう」――佐藤冨五郎日記を託された戦友をめぐる歴史実践

『パンダのうんこはいい匂い』(左右社、2022年)

  エッセイ 「私が知らなかった島」 

       「弾みながら島に着く」

         「不完全な映画」

                 「言葉で照らす」

       「現地の言葉を覚えたい」

『群像 2022年9月号』(講談社、2022年)

〈特集 戦争の記憶、現在〉

  エッセイ 「Tの家があるところ」 

『タイムトラベル専門書店utoutoZINE タイムトラベラーの教科書』(みずき書林、2022年)

1時間目「歴史実践をしよう」