• shiori

きれいな緑

1/20(木)晴


大寒。

おやつに沖永良部島の郷土料理やちむちを作って食べる。

フライパンで焼く黒糖のホットケーキ。「めんしょうり」は、島の方言で「ようこそ」。

沖縄の「めんそーれ」に似てる。



ETV特集「精神科病棟×新型コロナ」の再放送を録画で観る。

普段のニュースでも、伝えてほしいこと。


「自分の問題とは、みんな考えたくない」

「塀の向こう側にあるものをみんな見たくない。自分が怖いものを。」

「弱い立場の人たちに、しわ寄せがいくようになっている社会が、セーフティーネットをどんどん細らせていることをもう一度思い出すべき」

都立松沢病院院長(当時)の言葉が胸に刺さる。


人間はそれぞれにゆがんだ精神を持って生きていて、正常な精神を持つ人なんていない。

それでも社会は、精神病患者を「きれいな緑」の向こう側に隔離する。「正常な社会」を機能させるために。目隠しの緑を増やすことで、安心を手に入れる。それは一部の人のための社会。



都の警戒レベル最高位。

わずか数日で、濃厚接触者の定義が変わった。同居者も濃厚接触者にならないらしい。

保健所から陽性者への連絡も滞り始めている。

政府の分科会は、若い世代は検査なし、自宅療養のセルフケアを提言した。

聞こえのよいセルフケアは、「きれいな緑」か。



0件のコメント

最新記事

すべて表示

社交的

宿題

809