• shiori

2021年2月1日

昨夜からそわそわとしていた。

明日からあたらしい人生をスタートさせるんだという気持ちで溢れていた。

一ヶ月前の大晦日は、わくわくした気持ちを持つ余裕がなかった。

ひと月前の自分が、もう知らない別の人みたい。


年が明けてから、毎週土曜日のお昼、みなみとオンラインで話をしている。

今、わたしたちはあることに挑戦するため、勉強をしている。

昨年出したいと思って出せなかった『タリナイ』のDVDの話がきっかけだった。

これからのことも考えて、勉強しようと、あたらしい挑戦にふたりで一歩を踏み出した。

一月の二週目にオンライン新年会をして、話をしていたら挑戦してみよう、という流れになり、調べたらタイミングよく今月からオンライン授業が開講されることを知った。

すでに説明会は終わっていたから、駄目もとで問い合わせをしてみたら、個別に説明会を開いてもらえた。

ひと足先に参加しているみなみの授業が終わる頃、わたしはパソコン画面の前でみなみが現れるのを待つ。

先週宣言したやるべきことが終わっていなかったら言い訳を考えて、

まだ間に合うならひとつでも終わらせようと、土曜の朝が途端にいそがしくなった。


おとといは、ずいぶんと未来の話をした。

この一年、明日もコーヒーの味がして、深呼吸ができますようにという願いが叶うよろこびを噛み締める毎日だった。

今年もそれは変わらないけれど、2021年は、まだ先が見えないからね〜と言って、心の声に蓋をするのはやめる。


みなみはあと100年青春するつもりだと言っている。

わたしは昔から自分が短命だと思って生きている。

真逆なようだけど、根底はつながっていると思う。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

現在地