• shiori

梅見

2/9(水)晴のち曇


30分残業しただけで、帰宅ラッシュ。

今夜はひとりだから、ひとりでないと食べないものを食べようとスーパーへ。

一人分のもつ鍋に手が伸びた途端「料理したら、原稿直し捗るよ」という声が聞こえて、本当に?と思いつつ、惣菜コーナーから離れる。

豚のレバー190円と目が合い、レバニラを作ることに。でもニラがない。

通りすがりの店員さんにニラの在庫があるか聞くと「今日はおわり」。ニラのとなりの小葱に、ニラの代わりになれるかと聞くと「余裕!」と即答され、頼もしい。

とちおとめとも目があったけど、あと100円安くなるのを待ってるね。


帰宅したら、勉さんから手紙。

開けてびっくり。見事な紅白の梅が両面刷り、A4サイズで届いた。

撮影者は原田豊秋さんの初孫、俊子さん。一日の疲れ、吹っ飛ぶっちゃ。


ネットニュースで読んで気になった「英国人青年の抑留日記-戦時下日本の敵国人抑留所」を読む。

日記は、日本語と英語、交互に書かれている。

和訳と書かれた日記には、英語の原文がある。


***

The Diary of Sydengham Yeend Duer

シディングハム・イーンド・デュア日記


February 7, Wednesday.

Cloudy - Menkai - no bad news from home.

War news very good these days. Eddie got the excellent news that the war here may end sometime in March! Removal activities still going on. Started snowing toward evening.


1945年2月7日(水)(和訳)

曇り。面会日。家の方からは悪い話は無い。戦争のニュースは、近頃良くなってきている。

エディが言うには、3月には戦争が終結するかもしれないとか! 引越し作業続く。夜にかけて雪になった。

***


明日は関東も警報級の大雪予報。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

社交的

宿題

809